デジタルもぐらは気象庁の緊急地震速報受信機。受信料無料でランニングコストゼロです。

緊急地震速報 デジタルもぐら

緊急地震速報アンケート

新潟県中越沖地震における災害医療センターでの「緊急地震速報」
アンケート結果

気象庁:国立病院機構災害医療センター提供資料より

平成19 年7月16日に発生した新潟県中越沖地震の際に、国立病院機構災害医療センターでは初めて実際に「緊急地震速報」システムが2回作動。
1 回目は本震の午前10:13。2 回目は最大余震の午後3:56。 祝日ではあったが、入院患者、病棟職員、宿舎の看護学生など多数の者が、この緊急地震速報の警報音と全館放送を聞いた。
この体験について、緊急にアンケート調査を実施し、病院職員56名、看護学生7名、入院患者14名の計77名から回答を得た。

病院という施設で、実際に緊急地震速報の警報を聞いた人たちの体験談からは、有効性を実感する回答が多いことがうかがえます。さらに緊急地震速報の導入後、周知や訓練等が十分であれば、さらなる防災効果が見込まれます。


揺れるまでにとった行動

緊急地震速報の警報を聞いてから、揺れるまでにとった行動についての回答。

看護師

  • 地震が来ることをスタッフ・患者家族に呼びかけた
  • 患者をしゃがませた
  • 患者をベッドに誘導した
  • 受け持ち患者を見回るように指示した2
  • 受け持ち患者のところへ行った2
  • 呼吸器をつけた患者のもとへ行った
  • 点滴が倒れないようにした
  • 病室の面会者に窓から離れるように声掛けした
  • テーブルの下に隠れた
  • テレビをつけた

防災センター

  • 設備の動作確認(自動ドア、エレベータ)

学生

  • 廊下に出て他の学生に確認した

患者

  • ベッド柵につかまった

感想、意見

緊急地震速報の警報を実際に体験した感想や意見。

職員

  • 震度を知りたい
  • 思ったより長い
  • 30秒ならいろいろできる
  • 安全な場所への移動が行える
  • 落下物からは逃れることができる
  • 効果は大きいと思う
  • 1回目は訓練かどうかとまどった
  • 最初の20秒は訓練と思い無駄にした
  • 実際に稼働する経験をしたので、次は動けそうだ
  • 放送を聞いて病室からナースステーションに戻ってしまった
  • 放送による不安もあるが構えられる利点の方が大きい
  • 2回目は恐怖感があった
  • 音声が大きすぎて腰が抜けそうになった
  • カウントダウンは恐怖をあおった
  • 地域にも知らせて欲しい
  • 放送を無視している職員がいた
  • C棟でも聞こえた!!

学生

  • 訓練か本物かわかりづらい
  • もっと、本物とわかる伝え方はないか?
  • 事前の何をすべきかのイメージが足りなかった

患者

  • 揺れるまでの時間がもっと長くなれば良い
  • 揺れるまでの時間が長いので安心できた
  • 心構えができて良い
  • カウントダウンに驚いた(感心した)
  • 本当に揺れて驚いた
  • 突然揺れるよりは良い
  • 病院なので安心していた
  • 看護師の声掛けがあればさらに安心できる
  • 放送後の職員の連絡がない
  • 震源地を知りたい
  • 入院時にこのようなシステムがあることを知らせて欲しかった
  • 全国的に速報を出すべき
  • 1回目は訓練で揺らしているのかと思った

地震防災情報に関する主な意見・要望等

意見・要望等 回答数
揺れが事前にわかれば良いシステムだと思う
(有線放送に加入していて良かった、今後の継続を望む等)
33
緊急放送と同様の音量で放送してほしい(音量が小さい) 23
具体的な避難行動について周知する必要がある
(放送があってもどう行動していいのかわからない)
7
放送の内容を変えた方が良い
(試験放送と異なる放送にする、放送内容を工夫する等)
6
放送から揺れがくるまでの時間が短い
(もっと早く放送してほしい、時間的な余裕がない等)
6
今回の放送で経験したので次からは行動できると思う 5
日ごろの訓練(意識)が必要だと思う 5
地震防災情報そのものの周知が必要(放送があることを知らなかった)
5
試験放送が頻繁にあるのでまぎらわしい 2


その他の意見・要望等

・災害の少ない地域なので、危機感があまり無い。
・高齢のため、短い時間にすぐに行動できないので心配。(一人では対応できない)
・高齢のため、耳が遠くて聞こえない。


購入や相談無料

デジタルもぐらの購入にあたっては、気象庁 緊急地震速報に関しての十分な知識を持ち、設置場所の環境や、機器連動に応じたアドバイス、外部機器の接続工事、マニュアル作りなど、トータルなサービスを受けることの出来る弊社、及び弊社正規代理店より購入することをお勧めします。納品実績をご覧下さい。


デジタルもぐらドットコムは気象庁 緊急地震速報の受信機の販売サイトです。ホームページ制作HALCOM