デジタルもぐらは気象庁の緊急地震速報受信機。受信料無料でランニングコストゼロです。

緊急地震速報 デジタルもぐら

緊急地震速報とは

緊急地震速報は、気象庁より発表される地震情報です。

震源からの距離によって、地震の揺れが起こる数秒〜数十秒前に事前に知らせる事が可能となるため、地震防災の新しい技術として期待されています!
オフィス・工場・医療機関・学校など一部機関では先行して導入がすすめられ、すでに多数の活用事例があります。

2007年10月1日からは一般に向けて配信が開始され、テレビやラジオ放送で知ることが出来るほか、緊急地震速報受信機(デジタルなまずなど)を設置するで、緊急地震速報をリアルタイムで知ることが出来ます。

緊急地震速報のイメージ

緊急地震速報の概要

緊急地震速報は伝わりの早い初期微動をとらえ、いち早く地震の発生を知らせます。

地震の揺れは、震源から波紋のように地震波として伝わります。地震波にはP波(初期微動)とS波(主要動)があり、P波が最初に伝わり、次に強い揺れのS波が伝わります。
地震による被害は主にS波によってもたらされます。

この2つの地震波の伝わる早さの違いを利用し大きな揺れが来る前に地震の発生を知らせるのです。


<地震波が伝わる速さ>
P波は秒速 約7キロメートル S波は秒速 約4キロメートル


緊急地震速報の注意点

緊急地震速報は地震の発生と地震の規模を素早く知り、地震による強い揺れが始まる数秒〜数十秒前に揺れが来ることをお知らせすることを目指す画期的な情報です。

ただし震源に近い地域では、緊急地震速報の発表が間に合わない場合があります。


購入や相談無料

デジタルもぐらの購入にあたっては、気象庁 緊急地震速報に関しての十分な知識を持ち、設置場所の環境や、機器連動に応じたアドバイス、外部機器の接続工事、マニュアル作りなど、トータルなサービスを受けることの出来る弊社、及び弊社正規代理店より購入することをお勧めします。納品実績をご覧下さい。


デジタルもぐらドットコムは気象庁 緊急地震速報の受信機の販売サイトです。ホームページ制作HALCOM