デジタルもぐらは気象庁の緊急地震速報受信機。受信料無料でランニングコストゼロです。

緊急地震速報 デジタルもぐら

デジタルもぐらの基本仕様


デジタルもぐら 放送設備連動
ER-3021-J 放送設備連動版

型番 ER-3021-J 放送設備連動版 「デジタルもぐら」
受信周波数 76.0MHz〜90.0MHz FM 専用受信機
電源電圧 100V ACアダプタ付属 (30mA/9V)
消費電力 待機時:1.5W以下 動作時:5W
寸法 W176×D87×H27(突起物を除く)
重量 約200g(付属品等を除く)
使用条件 温度 0℃〜40℃ 湿度20〜80%(結露なき事)
音声出力 モノラル 0dBm/600Ω 不平衡 (微調整可能)
検出可能信号 緊急地震速報によるチャイム音、緊急警報放送(1種/2種)、緊急警報放送の試験放送
自動起動時間 約1分、3分、連続(手動停止) ディップスイッチにて選択
接点出力 2ch 無電圧接点出力 最大印加電圧30V 最大電流500mA
(適応線材:より線AWG20〜18 単線 AWG26〜16)
制御出力 1ch オープンドレインで出力 最大印加電圧24V 最大電流200mA
(適応線材:より線AWG20〜18 単線 AWG26〜16)
付属品 専用ロッドアンテナ、壁面取付マウント
備考 ※緊急地震速報チャイム音2回検出で受信機を約1 分、3 分間、または連続して放送を出力します。
※緊急警報放送、1種、2種受信可能。試験放送受信可能。
※制御用として接点出力、オープンドレイン出力があります。
適応線材:より線AWG20〜18、単線AWG26〜16

デジタルもぐら 放送設備連動
ER-3021

型番 ER-3021
スピーカ出力 モノラル 0.6 W / 8 Ω
備考

※「ER-3021」の基本的仕様は、スピーカ出力を除き「ER-3021-J 放送設備連動版」と同じですが、「ER-3021」は直接放送設備に接続することは出来ません。

※スピーカーを複数個接続する場合は「ER-3021-J 放送設備連動版」を利用しアンプ内臓スピーカーなどを利用してお使い下さい。


デジタルもぐら 放送設備連動
ER-2871

型番 ER-2871
スピーカ出力 モノラル 0.6 W / 8 Ω
備考

※「ER-2871」の基本的仕様は、「ER-3021」と同じです。システムへの組込み用途としての製品です。
※ACアダプタ・専用ロッドアンテナ・壁面取付マウントいずれも無し。
※価格はお問合せ下さい


オプションのご案内

試験放送用FMトランスミッター 試験放送用FMトランスミッター
試験放送のためのFM送信機
メール配信ユニット メール配信ユニット
「デジタルもぐら」が警報を出すと、メールを自動配信
フラッシュライト付スピーカー フラッシュライト付スピーカー
大音量、フラッシュライト付外部スピーカ防滴仕様
壁掛け型BOXスピーカー 壁掛け型BOXスピーカー
大音量、外部スピーカ

購入や相談無料

デジタルもぐらの購入にあたっては、気象庁 緊急地震速報に関しての十分な知識を持ち、設置場所の環境や、機器連動に応じたアドバイス、外部機器の接続工事、マニュアル作りなど、トータルなサービスを受けることの出来る弊社、及び弊社正規代理店より購入することをお勧めします。納品実績をご覧下さい。


デジタルもぐらドットコムは気象庁 緊急地震速報の受信機の販売サイトです。ホームページ制作HALCOM